東南アジア青年の船〕カテゴリー案内

東南アジア青年の船 ◆目次:  コンテンツ [応募‐合格 研修 船内活動 寄港地活動 帰国後 アンケート]  Q&A  日記  ブログ 
◆検索ツール: 記事一覧 
◆スポンサードリンク: 


東南アジア青年の船合格 / 2004-08-05 (木)

東南アジア青年の船合格

東南アジア青年の船』に乗ることになりました。内閣府主催のプログラムです。目玉は、日本人青年40人・ASEAN青年300人と一緒に回ること。
船内は全て英語です。寄港地ではレセプションや施設見学、ホームステイもあるそうです。
いろいろな話をしたい。アジアを知りたい。そしてその経験を、留学生支援に活かしたいと思っています。

東南アジア青年の船合格
[ コメントを書く ]
1: Laquisha (17/03/19 00:56) Laquisha
Excelente noticia, espero que a base de denunciar y denunciar, estos deenderagos acaben pagando todos y se acabe de una vez esta maldición. Me parece muy acertado lo que dices de que se trate de una enfermedad ¿Por qué esta supuesta enfermedad no les afecta a otros colectivos como educadores, médicos, etc.?.En fin, espero que la justicia por fin de deje sentir en este asunto tan lamentable ¡Y tan viejo ya!.

この記事のURL: http://furahi.com/sseayp/diary/20040805.html


太鼓練習 / 2004-08-08 (日)

太鼓練習

淡路島で太鼓の合宿。低い姿勢で横向きの太鼓を力強く打ち鳴らす、「三宅太鼓(みやけ)」を練習する。
東南アジア青年の船の演目練習のため、初の淡路島上陸。島の太鼓グループ「美鼓音(みこと)」の皆さんから、指導をいただく。「三宅太鼓」は、三宅島の漁師に伝わる太鼓。荒波と戦う漁師たちをイメージし、大漁祈願などで演奏されてきているそうだ。
メンバー8人はみんな初心者。しかしこの合宿にかける意気込みは凄く、ほとんど休憩も無いまま、朝から晩まで太鼓を打ち続ける。たった二日でも、何とかエッセンスを身につけなければ!と、みんな必死。二日目の午後には、何とかリズムを聞けるようになる。
あとは、それぞれが地方に戻って、本番まで練習する事になる。自分も負けないように、練習あるのみだ!

太鼓練習

東南アジア青年の船スタート / 2004-08-20 (金)

東南アジア青年の船スタート

東南アジア青年の船に参加するため、上京。明日からは、日本の文化紹介に向けた自主練習が始まる。そしてそのまま、青年の船プログラムへ。春に偶然この船のことを知り、そして今、東京に居る。
全ては縁。またいつものフレーズを繰り返す。2ヶ月間、いろんな事があるだろう。終わったときに笑顔で居られるよう、過程も思い切り楽しみたい。

東南アジア青年の船スタート

東南アジア青年の船初日 / 2004-09-01 (水)

東南アジア青年の船初日

外国人青年と初の対面。レセプションはとても楽しかった。各国それぞれの文化紹介。目が釘付けになる。
SSEAYPに参加できた幸運に感謝。常に明るく、みんなの力を引き出せるコーチになりたい。

東南アジア青年の船初日

富山県へ / 2004-09-03 (金)

富山県へ

グループに分かれてホームステイ。Fグループは富山県へ。県庁や国際センター、語学学校を訪問。Fグループのみんなはとても個性的。どんな人達だろう?一人ずつと話して、少しずつ仲良くなっていきたい。
ホームステイはカンボジアの青年と一緒に。とても礼儀正しく、見習う所がたくさんある。日本人の家にホームステイというのも、貴重な体験で面白い。

富山県へ

日本文化紹介 / 2004-09-06 (月)

日本文化紹介

午前中はグループに分かれてディスカッション。理想の小学校カリキュラムについて話し合う。
やはり英語でのディスカッションは、想像通り大変だった。人によっていろんなアクセントがあり、楽しい。
午後は、日本文化紹介。
2ヶ月間みんなで準備してきた、その成果を出す事。ただそれだけを考える。自分は舞台監督として、裏方も担当する。場所が船内ではなく、オリンピックセンターのステージということで、本当にダイナミックな舞台になったと思う。台詞が英語だったこと、音楽や映像をたくさん使ったことで、外国人青年達にも伝わったと信じたい。
全てを出し切った。充実感が半分と、緊張の糸が切れたのが半分。
明日からは少し早く寝られるだろう。一つの目標が終わり、次へと。一つ一つ。

日本文化紹介

にっぽん丸へ / 2004-09-08 (水)

にっぽん丸へ

ついに、にっぽん丸へ。見学する。うーん、広い!快適。船といったらフェリーくらいしか乗ったことが無いので、そのギャップに驚く。本当に凄い。楽しめそうだ。楽しもう。
仲間との時間を大切に。隣の人を大切に。一つ一つを丁寧に。少しでも、出来ることから。

にっぽん丸へ

船ならではの経験 / 2004-09-11 (土)

船ならではの経験

参加者達の個性が、少しずつ分かってくる。当然のことだけれど、いろんな背景や家庭環境を持った人達なんだ。いろんなことを打ち明けてくれる、そのことを大切に、みんなと仲良くなっていく過程も楽しみたい。船ならではの、いろいろな経験。
今日は大揺れ。そんな中で、書道を教えている仲間達が次々にダウン。でも外国の友人達が続々と来てくれ、とても嬉しい。
夜はブルネイの文化紹介。一つ一つのダンスの凄さに圧倒される。言葉を超えた力、確かに見た。これからの文化紹介がとても楽しみになる。同時に、このホールで自分達がするとしたらと、つい考えてしまう。

船ならではの経験

英語という現実 / 2004-09-12 (日)

英語という現実

初の船内ディスカッション。英語を聞くことで精一杯。自分の意見を言うことはとても難しい。それが現実。でも、みんなが待ってくれているのがありがたい。
船内展示。大盛況にほっとする。ただ、文化紹介に集中するあまり、展示のほうをほとんど手伝えなかったことを申し訳なく思う。とにかくこれで、一段落。これからは思いっきり交流に集中しよう!
カンボジア文化紹介。動き・テンポ・曲、どれをとっても独特で、凄く惹きつけられる。

英語という現実

フィリピン訪問 / 2004-09-16 (木)

フィリピン訪問

フィリピンホームステイ2日目。相変わらずの英語の波に飲み込まれそうになる。半分くらいしか理解できず、でも分かったふりをしてしまう自分が悲しい。
マニラ大学は多国籍な感じがして、とても雰囲気が良かった。APUとの違いは何だろう?
世界最小といわれるタール火山や、マニラ最大のショッピングモール。観光スポットを回り、フィリピンに触れる。何とも多い食事の量は大変だったが、でもフィリピンという地に来て、一面を知れたことは本当に幸運だ。

フィリピン訪問

東南アジア青年の船〕カテゴリー案内

東南アジア青年の船 ◆目次:  コンテンツ [応募‐合格 研修 船内活動 寄港地活動 帰国後 アンケート]  Q&A  日記  ブログ 
◆検索ツール: 記事一覧 
◆スポンサードリンク: 


【フラヒ】 全カテゴリー〕  青年海外協力隊 国際交流スタディツアー ホームレス反貧困 日本縦断自転車旅行 フェアトレード社会起業家 東南アジア青年の船 生協コープ共済 ジャンベ(ジェンベ)民族楽器 地域おこし街歩き 国際協力ワークキャンプ パントマイム大道芸 新規就農グリーンツーリズム パワースポット風水 生活保護(公的扶助) 避難所シェルター 開発教育ワークショップ オーガニック有機無農薬栽培 スローフード食育 スローライフ半農半X 地域通貨(地産地消経済) アフィリエイトSOHO ロハス(LOHAS)田舎暮らし 自然農法(食料自給率食糧危機) 非電化(自給自足)生活 日月神示(ひふみ祝詞)  運営者プロフィール〕 参加団体  制作協力協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト フィリピン大学留学日記(ブログ) 第35回東南アジア青年の船 大分県青年海外協力協会 青年海外協力隊東京OB会 ホームレス反貧困【紡-つむぎ-】 地球市民アカデミア 満福(まんぷく)コミュニティ 開発教育・国際交流日記(ブログ) ホームレス反貧困【若者勉強会】 スペイン留学日記(ブログ) Uniquease Restaurant KESTES(ケステス)日本窓口 第35回東南アジア青年の船写真集 青年海外協力隊東京OB会写真集〕  運営サイトフラヒのふろく 三遠南信 遠山郷(東三河・遠州・南信州) 【スローカル】 【NPO・NGO・社会企業DB】 ワールドニュース from 青年海外協力隊 ふろくのふろく 【副業副収入‐週末起業・在宅ワーク・個人事業】 【キャリア教育】〕  全記事一覧 お問合せ

ページトップへ


(c) 【フラヒ】 Design: スローカル furahi