東南アジア青年の船〕カテゴリー案内

東南アジア青年の船 ◆目次:  コンテンツ [応募‐合格 研修 船内活動 寄港地活動 帰国後 アンケート]  Q&A  日記  ブログ 
◆検索ツール: 記事一覧 
◆スポンサードリンク: 


ホームステイ / 2007-12-24 (月)

ホームステイ

各寄港地でのメインイベントが、このホームステイです。各国で、二泊三日のステイプログラムは、東南アジア青年の船のもう一つの側面かもしれません。自国では考えられないような経験をして帰ってくる参加青年達。自分の国にステイする青年も居ます。何をしても、何もしなくても、きっとたくさんのお土産を心に持ち帰るのでしょう。

食事

とにかくホスピタリティあふれるステイファミリー。食事も、一日三度といわず、「これを食べて」「あれも食べよう」とすごい勢いです。でも基本的にどの国も美味しいので大丈夫!

観光

世界遺産のような観光地から、自分の職場まで。ステイファミリーによって様々な場所に連れて行ってくれます。一日中家に居たという青年も、それはそれで満足な様子。

6か国を回り、6か国とも違うもてなしを受けました。富山県でカンボジアの友人と一緒に入った温泉も、シンガポールでフィリピンの友人とひたすら街中を歩き回った事も、良い思い出です。寄港地を発つたびに、寂しさと緊張が緩んだのとでしばらく放心状態になりました。

ホームステイ
[ コメントを書く ]
1: Zavrina (16/10/22 07:52) Zavrina
Hallo Kollege,für ein Fotoprojekt habe ich Informationen zur Course Camarguaise gesucht und bin dabei auf deine Seite gestossen.Kompliment, saubere Fotos!!!Ich würde gern für die Erläuterung der Bilder, die ich mache, deine Texte in Auszügen benutzen.Es wird im Sommer hier in Hannover eine Ausstellung geben. Melde dich einfach.Beste GrpalŸeMichaeÃBildjourn¼listÃ.s.: ich kenne und liebe die Camargue seit etwa 35 Jahren
Reference | 2 |

この記事のURL: http://furahi.com/sseayp/contents/port/homestay.html


東ア船31期 3周年アンケート / 2007-12-22 (土)

東ア船31期 3周年アンケート

東南アジア青年の船の下船後3年目、2007年にOBSC(事後活動組織代表)として乗船したあゆみが、同期のみんなに聞いたアンケートを集計してくれました。

下船後3年、大なり小なりSSEAYPに影響を受けた同期達の想いが詰まっています。東南アジア青年の船 3周年アンケート

東ア船31期 3周年アンケート

課題別視察 / 2007-12-21 (金)

課題別視察

訪問国の文化・教育・政治等の施設を訪問するプログラムです。訪問先はSG毎に決められていて、現地ではLY(ローカルユース)がお世話をしてくれます。個人旅行ではなかなか難しいような施設にも行け、現地青年との交流もあり、楽しみなプログラムの一つです。

訪問先施設

分野は多岐にわたり、歴史的な建造物から民間企業まで様々です。行き帰りのバスも、景色を眺めたりSGのメンバーと交流したりと、貴重な時間です。

ローカルユース

現地で受け入れをしてくれるボランティア青年達。東南アジア青年の船を理解し、交流を楽しみにしてくれています。次年度以降の参加青年候補でもあります。

東南アジアは初めてだったので、どの国も珍しく、街の風景や建築物、人々の様子、全てが新鮮でした。国によってローカルユースとの交流時間に違いがありましたが、施設訪問より楽しみにしていたかも?

課題別視察

ディスカッション / 2007-12-18 (火)

ディスカッション

東南アジア青年の船のプログラムの中でも、最も奥が深く、また難しいものの一つがディスカッションです。文化の違い、語学力の差、テーマに対する捉え方、様々な課題が出てきますが、その事に気付き乗り越えようとする事自体に意味があるのかもしれません。

事前準備

あらかじめ決められた大枠のテーマに沿って、各国の参加青年は事前にディスカッションや資料作成等の準備を行います。

プログラム

運営は各国のディスカッション担当が行います。テーマを決め、時間配分を考え、担当は各グループに入ってファシリテーションをします。

語学力という大きな壁はもちろんあるのですが、やはり大事なのはディスカッションに対する姿勢、そして事前準備なのだと思いました。

議論で多少の行き詰まりや対立はあっても、お互いを信頼して議論自体を楽しもうとする雰囲気ができていたのがとても印象的でした。

ディスカッション

SG活動 / 2007-12-15 (土)

SG活動

SG(ソリダリティ・グループ)とは、全参加国から数名ずつが集まって作られる班で、青年の船のいろいろなプログラムを一緒に行います。SG活動では、SGの結束をより深めるために、小委員会を作りイベントを企画します。

プログラム

運営は各国のSG活動担当と有志により話し合われます。SGの団結を深めるために、どんな企画を立てるか。場所はどうするか。事前準備もあるために内容を分かりやすく伝える必要があります。

31期では、ゲーム大会・コーラス大会・ミスター/ミスコンテストが行われました。

ゲーム大会では思わぬ良い結果となり、団結が深まりました。コーラス大会は事前の練習に結構力を入れました。ミスター/ミスコンテストでは、普段と違うメンバーの一面を見られて楽しかったです。

SG活動

クラブ活動 / 2007-12-12 (水)

クラブ活動

それぞれ自国を体験してもらおうと、国ごとにプログラムを決めます。どれに参加するのも自由。伝統ダンス・マッサージ・楽器演奏・ゲームと、本当に盛りだくさんです。

プログラム

運営は各国のクラブ活動担当により話し合われます。どの回にどの企画をどの場所で行うのか。全体でのまとめはどうするか。ディスカッション以上に熱くなる事もあります。

プレゼンテーション

全体でのまとめとして、それぞれの国のクラブ活動で学んだ事を、他国の参加青年も交え発表します。

プログラムは本当に多種多様で、どれに参加するか迷いました。インドネシアのマッサージに癒され、カンボジアのダンスを習い、日本人としては書道を教えました。

最後のプレゼンテーションではタイの発表に参加し、笛を吹きました。文化を紹介するみんなは誇りを持っていて、どれも本当に楽しかったです。

クラブ活動

文化紹介 / 2007-12-09 (日)

文化紹介

各国の参加青年が楽しみにし、また力を入れる文化紹介。身体表現は言葉の壁を簡単に越えてしまいます。11か国それぞれの伝統・歴史、そして今を感じるパフォーマンスです。

パフォーマンス

各国のパフォーマンスは本当に様々。歌・踊り・台詞・楽器、この文化紹介の為に選ばれたプロの参加青年も居て、そのレベルの高さには驚かされます。

ドルフィンホール

文化紹介の舞台はにっぽん丸の「ドルフィンホール」で行われます。300人がぎゅうぎゅう詰めになって何とか入れる広さですが、それぞれ工夫を凝らし、音響・照明を使ってステージを作ります。タイミングによっては大揺れの中での舞台もあります。

ダンスパーティー

各国の文化紹介が終わった後は、なぜかそのままダンスパーティーに。見るだけじゃ飽き足りなくなったみんなが、曲に合わせていろんな踊りを踊ります。

文化紹介にはとにかくこだわりました。太鼓・玉すだれ・日本舞踊等の伝統芸能、ちゃんばらにダンス、そしてオリジナルソング。10を超える演目を英語の台詞と音楽でつなぎ、1時間のミュージカルとしました。制作の人間も全員舞台での役があり、舞台監督を3人でこなしました。

文化紹介は1か月半のプログラム中、各国が順番に行っていきます。31期は日本からでした。特別にオリンピックセンターのホールで行いましたが、他国の青年からも管理部からも評判は上々。何より”やり遂げた”という達成感が気持ち良かったです。

文化紹介

事後研修 / 2007-12-06 (木)

事後研修

プログラム直後に行われるまとめです。全体的なもの、個人的なもの、1ヵ月半に及ぶ濃いプログラムを、じっくり時間をかけて振り返ります。他国の参加青年と別れた直後で、みんな放心状態の中、心の整理をしながら、今後の活動について話し合います。

振り返り

全体で、グループに分かれ、また一人になって、青年の船のプログラムとは自分にとって何だったのかを考え、発表します。

報告会

翌年に開かれる一般の方向けの報告会について、プログラムを考え、係を決めます。

IYEO

参加青年は、今後はプログラムの経験者として、自分の体験を社会に還元していく役割を求められます。そのための組織や具体的な活動について話し合います。

31期は、シンガポールで他国の参加青年と別れた後、日本へ戻るにっぽん丸船内で事後研修を行いました。台風接近により大揺れの船内で、突然日本青年だけとなった事に戸惑いを覚えながらの帰国でしたが、ここでじっくりと船内生活だけでなく今までの自分を振り返れた事がとても良かったです。

事後研修
[ コメントを書く ]
1: Mattie (17/03/19 00:39) Mattie
Oooohhh, LYKKE!!SÃ¥ utrolig masse fint du har vuSten;)nÃ¥ gøy!Det er det morsomste som finnes det, og finne pakke i posten ♥Det søte hjertet og den fine kluten vant jeg ogsÃ¥, sÃ¥ fint atte;)Ha en fin kveld;)Klem Line

この記事のURL: http://furahi.com/sseayp/contents/train/after.html


出発前研修 / 2007-12-03 (月)

出発前研修

事前研修後約2ヶ月、参加青年はそれぞれの担当をこなしつつ、文化紹介の練習をします。出発前研修では、全国から再び参加青年達が集まり、それぞれの担当の進捗を報告しあうとともに、青年の船プログラムの開始に向けて最終確認を行います。

係/担当

事前研修後の各係の進捗報告と全体へのアナウンスを行います。この頃になると、誰が何の係かをみんな把握しています。

文化紹介

文化紹介の順番は寄港地順によって異なります。日本が最初の場合、本番まで時間がほとんどないことや、参加青年全員で練習できる貴重な機会なので、文化紹介担当を中心に準備に追われます。

メンバーそれぞれが、自分の役割をこなすために必死で動いていました。準備の差が顕著に出てしまいます。何よりも大変だったのは、やはり文化紹介です。プログラム内では十分に練習できず、各演目で夜中まで自主練習をしたり、音響や舞台美術の打合せをしました。

出発前研修
[ コメントを書く ]
1: Rita (16/08/23 08:37) Rita
Michel Petit: J’ai connu votre calvaire aussi ; je comprends votre souffrance.C’est pas mal, cela fait penser à Ronsard ou à Corneille.Juste un petit effort et on aura une période ternaire bien balancée (comme dirait le petit Nicolas en parlant de sa meuf) à la Chdb:eau¢rianÃtJ’ai connu votre calvaire, je comprends votre souffrance, je partage votre douleur.

この記事のURL: http://furahi.com/sseayp/contents/train/before.html


事前研修 / 2007-11-30 (金)

事前研修

7月頃に1週間程度行われる研修。プログラムの概要を学び、参加青年と管理部の顔合わせや各担当の振り分けも行われます。決めなければならない事が膨大にあり、参加青年達は寝る間を惜しんで話し合います。

係/担当

参加青年はそれぞれ掛け持ちで係のメンバーになります。SG(班)ごとの係、日本人全体での係、そしてパフォーマンスの係と、一人が何役も受け持つため、慣れるまではなかなか大変です。昨年参加した先輩達の説明はとても貴重です。

講義

管理官やナショナルリーダー、外部からの講師による講義です。国際儀礼(プロトコール)講座や危機管理講話もあります。

自主活動

自由時間が多いのも特徴です。といっても決して遊んで過ごす訳ではなく、「その時間に何を決めるか」が自由という事ですが。とにかく決める内容の多さに、各係による時間争奪戦が始まります。

参加型のプログラムとは聞いていましたが、ここまで徹底して「参加者が決定する」事を重視しているのに驚きました。班の担当・係り・パフォーマンスの演目から自分達の代表者まで、全てがものすごい勢いで決まっていき、机の上の資料は膨れ上がり、みんな睡眠時間を削って話し合いました。

事前研修

東南アジア青年の船〕カテゴリー案内

東南アジア青年の船 ◆目次:  コンテンツ [応募‐合格 研修 船内活動 寄港地活動 帰国後 アンケート]  Q&A  日記  ブログ 
◆検索ツール: 記事一覧 
◆スポンサードリンク: 


【フラヒ】 全カテゴリー〕  青年海外協力隊 国際交流スタディツアー ホームレス反貧困 日本縦断自転車旅行 フェアトレード社会起業家 東南アジア青年の船 生協コープ共済 ジャンベ(ジェンベ)民族楽器 地域おこし街歩き 国際協力ワークキャンプ パントマイム大道芸 新規就農グリーンツーリズム パワースポット風水 生活保護(公的扶助) 避難所シェルター 開発教育ワークショップ オーガニック有機無農薬栽培 スローフード食育 スローライフ半農半X 地域通貨(地産地消経済) アフィリエイトSOHO ロハス(LOHAS)田舎暮らし 自然農法(食料自給率食糧危機) 非電化(自給自足)生活 日月神示(ひふみ祝詞)  運営者プロフィール〕 参加団体  制作協力協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト フィリピン大学留学日記(ブログ) 第35回東南アジア青年の船 大分県青年海外協力協会 青年海外協力隊東京OB会 ホームレス反貧困【紡-つむぎ-】 地球市民アカデミア 満福(まんぷく)コミュニティ 開発教育・国際交流日記(ブログ) ホームレス反貧困【若者勉強会】 スペイン留学日記(ブログ) Uniquease Restaurant KESTES(ケステス)日本窓口 第35回東南アジア青年の船写真集 青年海外協力隊東京OB会写真集〕  運営サイトフラヒのふろく 三遠南信 遠山郷(東三河・遠州・南信州) 【スローカル】 【NPO・NGO・社会企業DB】 ワールドニュース from 青年海外協力隊 ふろくのふろく 【副業副収入‐週末起業・在宅ワーク・個人事業】 【キャリア教育】〕  全記事一覧 お問合せ

ページトップへ


(c) 【フラヒ】 Design: スローカル furahi