スローフード食育〕カテゴリー案内

スローフード食育 ◆目次:  コンテンツ [推進、資格(講座)] 
◆検索ツール: 記事一覧 
◆スポンサードリンク: 


スローフードの課題 / 2008-10-13 (月)

スローフードの課題

1.多様性と一貫性の両立

『スローフード』という言葉はどんどん広がってきていますが、その使われ方は幅広く、まとまりがありません。自然食レストラン、有機栽培の野菜や天然酵母のパン、伝統食のレシピ集など、運動を広げる上での多様性を保ちながらも、「何でもあり」にならないよう、一つひとつを検討し、一貫性も重視する。その両立が必要だと感じています。

2.単純な二項対立/単純なバランス論

『スローフード』の良さを強調するあまり、『スロー=善』『ファースト=悪』と言わんばかりの、単純化された主張もあります。一方で、「スローとファーストの長所をバランス良く取り入れよう」とする単純なバランス論では、『スローフード』が立ち向かおうとする様々な問題を解決していくことはできません。ファースト(=効率化)によって何が失われつつあるのか、一つひとつの課題を慎重に検討し、その答えを丁寧に「選び取っていく」姿勢を大切にしたいと思っています。

3.現実味

『スローフード』を自分の生活に取り入れるには、今の社会的(あるいは個人的)な価値観が『無駄』として省いてきたものを見直す必要があり、時間やお金を含めて、一見「低効率・高コスト」に見える行為に挑戦しなければなりません。仕事・趣味・交友・娯楽など、それぞれが分断されてしまっている現状では、「ゆっくりと(手間をかけて)食べる」時間をなかなか取れないという現実もあります。

スローフードの課題
[ コメントを書く ]
Reference | 67 | 14 | 3 | 1 | 1 |

この記事のURL: http://furahi.com/slowfood/contents/challenge.html


スローフード協会 / 2008-10-10 (金)

スローフード協会

『スローフード運動』はヨーロッパを中心に全世界に広がり、各国に『スローフード協会』が次々に設立されるようになります。1989年、最初の国際大会となったパリ大会で『1989年スローフード宣言』が採択。1993年、日本でも初めての協会が設立されます。2003年には、ナポリ大会で『2003年スローフード宣言』が採択されました。

現在、各国の『スローフード協会』では、「生産者と消費者の緊密な関係作り」「味覚教育」「(多様な食の前提となる)多様な命の保全」といった活動が繰り広げられています。

スローフード協会

スローフードとは / 2008-10-07 (火)

スローフードとは

スローフードとは、食の『生産者』と『消費者』が、地域に根ざした伝統的な『食文化』を守り、育てていく運動のことです。

現在の『スローフード』は、『地域の食を見直そう』という『スローフード運動』として、1980年代初め頃からイタリアで起こってきたものが源流と言われています。運動が広がったきっかけは、1986年、ローマの『スペイン広場』に『ファーストフード』を象徴する『マクドナルド』がオープンしたこと。食の画一化、化学調味料による味覚の低下、アレルギーの増加、栄養バランスの偏りなどが進む中で、「人間社会を支えてきた『地域の食文化』が壊されていくのではないか」という危機感から、イタリア北部の村『Bra(ブラ)』を中心に、運動が広がっていきました。

地域に根ざした、伝統的な『食文化』を守っていくには、食の『生産者』と『消費者』の協力が不可欠です。『スローフード運動』は、多くの議論を経る中で、「ゆっくりと(自然に沿って)作る」生産者を応援し、「ゆっくりと(手間をかけて)食べる」消費者を増やすことを目指す方向へと進んでいます。

スローフードとは

スローフードとの出合い / 2008-10-04 (土)

スローフードとの出合い

『スローフード』という言葉を初めて聞いたのは、2005年の夏。『地球市民アカデミア』での講座を通してのことでした。その頃の自分は、仕事とNPOをかけもちしていて、食事は外食ばかり、家には寝るためだけに帰り、平日も週末も休みの無い生活を送っていました。

『スローフード』という考え方自体には共感しましたが、目の前のことに一生懸命で、また日々が刺激的でもあり、ライフスタイルを変えるということは考えていませんでした。

そんな暮らしに変化が訪れたのは2007年の春。自分の続けていた活動への疑問が膨らんできて、体の節々にも変調が出て、悩んだ末に活動を辞めることにしました。そこで改めて自分の暮らしをふりかえり、もう少し『スロー』に生きてみよう、と決めました。

『スロー』の定義はさまざまですが、今は『フェアトレード』や『生協』などの活動を通じて、自分の日々の生活をより意識的に過ごすことを心がけながら、都会の借家暮らしでもできることに挑戦しています。

また、将来的には『半農半X』や『自給自足』など、より地域に密着した、土に触れる暮らしをしようと考えています。

スローフードとの出合い

スローフード食育〕カテゴリー案内

スローフード食育 ◆目次:  コンテンツ [推進、資格(講座)] 
◆検索ツール: 記事一覧 
◆スポンサードリンク: 


【フラヒ】 全カテゴリー〕  青年海外協力隊 国際交流スタディツアー ホームレス反貧困 日本縦断自転車旅行 フェアトレード社会起業家 東南アジア青年の船 生協コープ共済 ジャンベ(ジェンベ)民族楽器 地域おこし街歩き 国際協力ワークキャンプ パントマイム大道芸 新規就農グリーンツーリズム パワースポット風水 生活保護(公的扶助) 避難所シェルター 開発教育ワークショップ オーガニック有機無農薬栽培 スローフード食育 スローライフ半農半X 地域通貨(地産地消経済) アフィリエイトSOHO ロハス(LOHAS)田舎暮らし 自然農法(食料自給率食糧危機) 非電化(自給自足)生活 日月神示(ひふみ祝詞)  運営者プロフィール〕 参加団体  制作協力協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト フィリピン大学留学日記(ブログ) 第35回東南アジア青年の船 大分県青年海外協力協会 青年海外協力隊東京OB会 ホームレス反貧困【紡-つむぎ-】 地球市民アカデミア 満福(まんぷく)コミュニティ 開発教育・国際交流日記(ブログ) ホームレス反貧困【若者勉強会】 スペイン留学日記(ブログ) Uniquease Restaurant KESTES(ケステス)日本窓口 第35回東南アジア青年の船写真集 青年海外協力隊東京OB会写真集〕  運営サイトフラヒのふろく 三遠南信 遠山郷(東三河・遠州・南信州) 【スローカル】 【NPO・NGO・社会企業DB】 ワールドニュース from 青年海外協力隊 ふろくのふろく 【副業副収入‐週末起業・在宅ワーク・個人事業】 【キャリア教育】〕  全記事一覧 お問合せ

ページトップへ


(c) 【フラヒ】 Design: スローカル furahi