青年海外協力隊〕カテゴリー案内

青年海外協力隊 ◆目次:  コンテンツ [青年海外協力隊とは(事務局|実績|給料) 応募‐合格(説明会|試験問題|倍率|面接) 二本松訓練所 隊員活動 キシイ 帰国後(就職|OB会)]  Q&A  感想  報告  写真館  日記  隊員の実態 [アンケート 隊員の主張]  歴史 [末次一郎]  ブログ 
◆検索ツール: 記事一覧 
◆スポンサードリンク: 


規則正しい生活 / 2000-04-15 (土)

規則正しい生活

ここは標高700メートルの福島県二本松市。空気薄いです。青年海外協力隊の派遣前訓練が始まって2週間が過ぎ、最近少し慣れてきました。もちろん楽になったわけではありません。むちゃくちゃハードで規則正しい生活を送っています。注射もちゃんと毎週打ってます。

規則正しい生活

訓練所の一日 / 2000-05-14 (日)

訓練所の一日

青年海外協力隊の訓練所での生活を報告します。
朝は6時起床。体操して走って飯食って8時45分から昼まで語学。昼食のあと、1時から3時まで語学。それから講義がある日はあって夕飯。その後講義がある日はあって大量の宿題を終わらせて(可能ならば)11時就寝。ちなみに注射は週一回。もちろんG.W.は無し。

なぜか不思議なくらい健康です。

訓練所の一日

配属先決定! / 2000-06-30 (金)

配属先決定!

ケニアでの生活、すごく楽しみにしています。配属先の学校は、首都からバスで8時間のキシイという町からさらにバスで1時間のところです。当然、電気も水道もありません。

そういうところで、人々はどういう暮らしをしてるんだろう。どんな習慣や文化があるんだろう。とても興味があります!

配属先決定!

ついにケニアへ / 2000-07-29 (土)

ついにケニアへ

ついにケニアに来てしまいました!

今はナイロビでの訓練中で、来月からキシイというところに行きます。メールはなかなかつながらず、これもちゃんと届くかどうか。さすがアフリカです。

ついにケニアへ

アフリカの空 / 2000-08-13 (日)

アフリカの空

アフリカの空は、青い空、白い雲。当たり前だけれど、どこか違います。凄くくっきりしてる!そして、星はとてもまたたく。

ここは涼しく乾燥していて過ごしやすいです。でも、日本語を使えない日々はさすがに大変です。言葉の壁は、厚いです。

アフリカの空

キシイの学校 / 2000-10-23 (月)

キシイの学校

随分時間がかかりましたが、僕も最近やっと落ち着いてきました。数学の先生をしています。ケニアの西の果てキシイと言う町から車で一時間の学校です。高度があるため涼しく、雨も多くて過ごし易いです。

語学には予想以上にストレスがたまるけれど、同僚の先生たちの訳の分からない陽気さに助けられてます。毎晩自炊で火を起こしてます。タウンに出るマタツという小型バスは、雨が降るとぬかるみにはまって動かなくなる。そんな所です。

キシイの学校

最初の学期、終了 / 2000-11-22 (水)

最初の学期、終了

やっと最初の学期が終わり、今は注射のためにナイロビに上がってきてます。2ヵ月半ぶりの大都会。任地の生活は楽しいよりもとにかく大変だった…それでも体が元気な内は何とかなるものだ。暮らすことに精一杯で、とにかくこなしてきた、という感じです。

当たり前だけれど語学力の無さから起こるいらいら、あきらめ、そしてお客様扱い。授業も最後まで満足するものはできませんでした。ちょうど良い時に休みに入ったな、という感じです。体も心も休めて、次に備えようと思います。

日々の生活は、大分慣れてきました。日の出とともに起き、授業の後ギゼリ(とうもろこしと豆)という給食を食べ、体育(毎日ある)に参加する日もあります。太陽の光を読書等に有効活用したいため、夕食は日が暮れる頃から作り始めます。まずは火起こしから。日が暮れた後はランプを頼りに作ります。生徒と一緒に作っていて、ウガリ(もち)とスクマ(草)ばかりなので、月に一度はタウンに出て栄養を補給してます。これから健康診断、注射を経て少しだけ海に行って来ようと思っています。思い切り泳いで、潜って。日焼けすれば、もう少し買い物の交渉も楽になるかもしれません。

最初の学期、終了

ナイロビへ / 2000-12-19 (火)

ナイロビへ

学年末の休みに入り、ナイロビに上がってきています。最初の学期は必死だったりもどかしかったり。何とか体調維持だけはできたかな。

その後少しだけ海に行き、リフレッシュしてきたところです。でも暑くて眠れなかったけど。涼しいナイロビで、やっと安眠出来そうです。年末は同期隊員の職場である、児童養護施設で過ごそうと思ってます。ここケニアにはキリスト教徒がたくさん居るので、クリスマスが楽しみです。

ナイロビへ

素晴らしい風景 / 2000-12-28 (木)

素晴らしい風景

クリスマスを任地で過ごすはずが果たせず、残念です。来年こそは!と思ってます。相変わらず語学も成長せず、たまにケニア人への不満が爆発しそうになりつつ、基本的には元気です。久しぶりのナイロビへの上京で美味しいものを食べ、日本食って良いなぁ、としみじみ感じてます。

年末は登山に挑戦します。五千メートルという、未知の世界で高山病続出らしく、まぁ駄目なら駄目でそれも良い経験かな、と。装備も良く分からないけど、久しぶりに見れる雪を楽しみにしてます。

本当にここは素晴らしい風景に囲まれています!夢である地平線に沈む夕日はまだ見れていないけど、島国日本には無い景色がたくさんです。人を撮るのも面白いかもしれません。良いカメラを持って来るべきだった、と思っているところです。

素晴らしい風景

21世紀スタート / 2001-01-04 (木)

21世紀スタート

ケニアの教会では、イメージとは違うアクティブなミサが行われてます。ほとんど暇つぶしのような、娯楽のような。歌あり踊りあり、笑いあり。言葉の通じない僕には内容は分かりませんが、雰囲気はとても良いです。クリスマスは行かなかったのですが、来年は挑戦しようと思っています。

最近はケニアへの新鮮な感情も一段落し、ぽつぽつと好きな面、嫌いな面が見え始めてきました。大自然は確かに素晴らしく、人も素朴で笑顔も多く楽しげに見える一方、違和感・苛立ちも頻繁に起こるようになっています。日本人として生きてきた自分とケニア社会との摩擦が起こってきたようです。でもそれは自然な流れであるのだろうし、それを感じるために来たとも言えるのでしょう。買物での値段交渉や食堂でのサービス等、小さなしかし日常の出来事の中で受けるマイナスイメージと言うのは、ジャブのようにじわじわと効いてきて回復するのにも時間がかかります。ケニア嫌い、日本びいき、でも良く考えてみると日本社会への警戒感が消えたわけでもないのです。うーん、難しい。漠然と将来のことでも考えようものなら、手におえない無限ループが始まってしまいそうになるのです。

年末年始はアフリカ第二の山、ケニア山に登ってきました。体調を崩し登頂はあきらめたものの、4500メートルまでは何とかいくことが出来、満足しています。御来光を眺め、登山の楽しさも知った山行でした。

いよいよ世紀が変わりましたね。節目の年です。

21世紀スタート

青年海外協力隊〕カテゴリー案内

青年海外協力隊 ◆目次:  コンテンツ [青年海外協力隊とは(事務局|実績|給料) 応募‐合格(説明会|試験問題|倍率|面接) 二本松訓練所 隊員活動 キシイ 帰国後(就職|OB会)]  Q&A  感想  報告  写真館  日記  隊員の実態 [アンケート 隊員の主張]  歴史 [末次一郎]  ブログ 
◆検索ツール: 記事一覧 
◆スポンサードリンク: 


【フラヒ】 全カテゴリー〕  青年海外協力隊 国際交流スタディツアー ホームレス反貧困 日本縦断自転車旅行 フェアトレード社会起業家 東南アジア青年の船 生協コープ共済 ジャンベ(ジェンベ)民族楽器 地域おこし街歩き 国際協力ワークキャンプ パントマイム大道芸 新規就農グリーンツーリズム パワースポット風水 生活保護(公的扶助) 避難所シェルター 開発教育ワークショップ オーガニック有機無農薬栽培 スローフード食育 スローライフ半農半X 地域通貨(地産地消経済) アフィリエイトSOHO ロハス(LOHAS)田舎暮らし 自然農法(食料自給率食糧危機) 非電化(自給自足)生活 日月神示(ひふみ祝詞)  運営者プロフィール〕 参加団体  制作協力協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト フィリピン大学留学日記(ブログ) 第35回東南アジア青年の船 大分県青年海外協力協会 青年海外協力隊東京OB会 ホームレス反貧困【紡-つむぎ-】 地球市民アカデミア 満福(まんぷく)コミュニティ 開発教育・国際交流日記(ブログ) ホームレス反貧困【若者勉強会】 スペイン留学日記(ブログ) Uniquease Restaurant KESTES(ケステス)日本窓口 第35回東南アジア青年の船写真集 青年海外協力隊東京OB会写真集〕  運営サイトフラヒのふろく 三遠南信 遠山郷(東三河・遠州・南信州) 【スローカル】 【NPO・NGO・社会企業DB】 ワールドニュース from 青年海外協力隊 ふろくのふろく 【副業副収入‐週末起業・在宅ワーク・個人事業】 【キャリア教育】〕  全記事一覧 お問合せ

ページトップへ


(c) 【フラヒ】 Design: スローカル furahi