ホームレス反貧困〕カテゴリー案内

ホームレス反貧困 ◆目次:  コンテンツ [定義、問題]  ブログ 
◆検索ツール: 記事一覧 
◆スポンサードリンク: 


ホームレスという言葉 / 2008-07-20 (日)

ホームレスという言葉

ホームレス支援団体の活動に初めてボランティア参加したとき、『野宿者』『路上生活者』という言葉を耳にしました。それらは、「住居を持たず、公園や道路などで暮らしている人」のことです。ん、『ホームレス』と違うのかな?なぜわざわざ言い換えているのかと疑問に思い、聞いてみました。

支援団体の方は、日本語の『ホームレス』という言葉の定義に疑問を持っていました。もともと「ホーム(住まい)レス(無い状態)」=「住まいの無い状態」という、単なる状態をさす言葉が、日本では「住居を持たず、公園や道路などで暮らしている人」の意味で使われています。自分もそう思っていました。

そこには2つの問題があるそうです。1つは、『ホームレス』という言葉が差別的に使われていること。あくまで状態を指す言葉で、そこに至った背景にも個人差があり、個人の責任だけではないことも多いのに、『ホームレス』という言葉には、「本人のせいでそうなった、または本人が好きでやっている」という意味も含まれてしまっている、と言います。

もう1つは「ホーム」の定義。「ホーム=住まい」には本来、「自分の”暮らす権利”が保障されている住まい」という意味があり、欧米などの国では、「住み込み仕事」などの(仕事のあるときだけ住める)住まいや宿泊所、最近ではネットカフェで暮らす人なども『ホームレス』と呼ぶそうですが、日本語の『ホームレス』には、これらの人は含まれていません。

そのため、政府の発表する統計などでの『ホームレス』の数は、「住居を持たず、公園や道路などで暮らしている人」を目で確認するだけで報告されており、実際に何らかの支援を受けるべき人の実態よりも少なく、それがそのまま政策に反映されているそうです。

そこで支援団体では、『野宿者』『路上生活者』という言葉を使い、必要に応じて『ホームレス』と使い分けている、とのことでした。『ホームレス』ではなく、あえて『野宿者』『路上生活者』という言葉を使う際には、「住居を持たず、公園や道路などで暮らしている人」がそうならざるを得なかった背景、社会の構造や労働環境の偏りなどに対する一定の認識も含まれているのだろうと感じました。

ホームレスという言葉

お名前:

URL / Mail (option):

投稿キー(必須) [0063]:

この記事のURL: http://furahi.com/homeless/contents/word.html


ホームレス反貧困〕カテゴリー案内

ホームレス反貧困 ◆目次:  コンテンツ [定義、問題]  ブログ 
◆検索ツール: 記事一覧 
◆スポンサードリンク: 


【フラヒ】 全カテゴリー〕  青年海外協力隊 国際交流スタディツアー ホームレス反貧困 日本縦断自転車旅行 フェアトレード社会起業家 東南アジア青年の船 生協コープ共済 ジャンベ(ジェンベ)民族楽器 地域おこし街歩き 国際協力ワークキャンプ パントマイム大道芸 新規就農グリーンツーリズム パワースポット風水 生活保護(公的扶助) 避難所シェルター 開発教育ワークショップ オーガニック有機無農薬栽培 スローフード食育 スローライフ半農半X 地域通貨(地産地消経済) アフィリエイトSOHO ロハス(LOHAS)田舎暮らし 自然農法(食料自給率食糧危機) 非電化(自給自足)生活 日月神示(ひふみ祝詞)  運営者プロフィール〕 参加団体  制作協力協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト フィリピン大学留学日記(ブログ) 第35回東南アジア青年の船 大分県青年海外協力協会 青年海外協力隊東京OB会 ホームレス反貧困【紡-つむぎ-】 地球市民アカデミア 満福(まんぷく)コミュニティ 開発教育・国際交流日記(ブログ) ホームレス反貧困【若者勉強会】 スペイン留学日記(ブログ) Uniquease Restaurant KESTES(ケステス)日本窓口 第35回東南アジア青年の船写真集 青年海外協力隊東京OB会写真集〕  運営サイトフラヒのふろく 三遠南信 遠山郷(東三河・遠州・南信州) 【スローカル】 【NPO・NGO・社会企業DB】 ワールドニュース from 青年海外協力隊 ふろくのふろく 【副業副収入‐週末起業・在宅ワーク・個人事業】 【キャリア教育】〕  全記事一覧 お問合せ

ページトップへ


(c) 【フラヒ】 Design: スローカル furahi