ホームレス反貧困〕カテゴリー案内

ホームレス反貧困 ◆目次:  コンテンツ [定義、問題]  ブログ 
◆検索ツール: 記事一覧 
◆スポンサードリンク: 


湯浅誠氏「内閣府参与辞職にともなう経緯説明と意見表明、今後」 / 2010-04-29 (木)

湯浅誠氏「内閣府参与辞職にともなう経緯説明と意見表明、今後」

2009年10月26日より、内閣府参与を務めていた、反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠氏が、3月5日付で辞職したそうです。

ご本人からの経緯説明が自立生活サポートセンター舫(もやい)ホームページに掲載されています。

このたび、10月26日より就任していた内閣府参与の辞職願が、3月5日付で受理されましたので、ご報告します。1月29日の辞職願提出から受理に至るまでの期間が長かったため、多くの方よりご心配等をいただきました。感謝申し上げるとともに、以下、経緯の説明と私の意見、今後のことを述べさせていただきます。長文になりますが、お許しください。

内閣府参与辞職にともなう経緯説明と意見表明、今後

湯浅誠氏「内閣府参与辞職にともなう経緯説明と意見表明、今後」
[ コメントを書く ]
1: sac pliable longchamp (15/01/02 01:20) kxzkaf@gmail.com
In fact when someone doesn抰 understand then its up to other visitors that they will assist, so here it happens.

この記事のURL: http://furahi.com/homeless/blog/20100429.html


オルタナティブ経済(alternative economy) / 2009-07-18 (土)

オルタナティブ経済(alternative economy)

紡[つむぎ]のミーティングに参加しました。今日のテーマは「オルタナティブ経済(alternative economy)」。主宰のいるま君の発案です。

オルタナティブ経済の定義は様々ですが、特に現状の「自由主義経済」「グローバル資本主義経済」に対する代替経済を指すことが多いようです。その例として、フェアトレード生協共済、社会的企業などが挙げられ、メンバーそれぞれの考えや実践を共有しました。

長年、ホームレスの支援活動に取り組むNさんからは、「日本のオルタナティブ経済では、”目的(どんなことを)”は問われているが、”方法(どうやって)”が問われていないのでは」という問題提起がありました。例えば、社会貢献を目的としている株式会社の場合、その「目的」に関しては「利益至上主義」へのオルタナティブだとしても、その「方法」(意思決定の流れや、責任・配当の格差)に関しては、他の企業と同じところがほとんどなのだそうです。

同様に、今の生協やNGOでも、特に組織が大きくなるほど、その「方法」は企業と変わらなくなってきているとのことでした。その意味では、「共産主義」のようなインパクトのあるオルタナティブにはなり得ていないのかもしれません。とはいえ、「共産主義」はほとんど全て自壊しました。既存の共産主義は、「利益至上・資本主義経済」に対するオルタナティブにはなり得なかったのだと思います。

行き過ぎた資本主義に対抗するには、「アンチ(anti)」(労働組合運動やセーフティネットの構築)だけでなく、やはり「オルタナティブ(alternative)」(メンバーの参加や配当に関する新しい方法)が必要なのでは、という意見も出ました。ヨーロッパなどでは、すでにその取り組みが始まっているそうです。

これからは、NGOや社会的企業を応援する際に、その「目的、理念」だけでなく、「組織の運営方法(意思決定や配当など)」にも、もっと注目していこうと思います。

オルタナティブ経済(alternative economy)

マイクロファイナンスとホームレス支援 / 2009-06-24 (水)

マイクロファイナンスとホームレス支援

学生時代の友人と、数年ぶりに再会しました。飄々とした口調は相変わらずで、まったりと楽しい時間を過ごしました。

きっかけは、「マイクロファイナンスについて、何か知ってたら教えてほしい」という電話でした。残念ながら個人的には全然知らないのですが、最近『エコ貯金』のメーリングリストに関連情報が流れていたのを思い出し、ほんの少しだけ調べた情報を伝えました。

生活困窮者への無担保・小額融資という意味では、海外の発展途上国などに目がいきがちですが、日本国内でも可能性は無いだろうか、などと漠然と考えていました。最近どうも国内志向です。ホームレス支援の現場では、すでに『ビッグイシュー』などの社会的企業が活躍し、自立支援と継続的なビジネスの両立を模索しています。また『もやい』では、ホームレスの人たちの連帯保証人サービスを提供しています。もしかしたら、日本国内でも生活困窮者向けのマイクロファイナンスの取り組みが始まっているかもしれません。

また、地域通貨によるマイクロファイナンスを使った街おこしなど、可能性はたくさんありそうです。これから、関心を持ってマイクロファイナンスの情報に接してみようと思いました。

マイクロファイナンスとホームレス支援

つながらなければ何もできない / 2009-06-20 (土)

つながらなければ何もできない

紡[つむぎ]の定例会に参加しました。新しく参加する人も増え、ざっくばらんな話がとても興味深く、勉強になります。

昨年の秋から続く今回の金融危機は、1998年頃に起こったアジア金融危機を超えてしまうかも知れないそうです。当時、山谷の炊き出しには700~800人ほどが並び、お米が不足して、年間200万円ほどかかり、他の地域でもお米が不足したため、いくつかの団体が共同で『フードバンク』を立ち上げたという話を聞きました。そして最近の山谷の炊き出しでは、600人を越えるホームレスの人たちが並んでいると言います。

昨年末に立ち上がった『派遣村』も今月で終わることを聞きました。派遣村は、各地域のホームレス支援団体にとっても、セーフティネットの役割を果たしていたそうです。28日には、浅草でシンポジウムが開かれ、総括と今後の展望が話し合われるそうです。

話は社会運動にも及びました。そもそも「支援者」というスタンスは疑問で、自分も社会の一員なんだから、立場は違っても同じ社会の「当事者」ではないのか。支援する側の数は増えないのに、当事者の数が増え続ければ、今回の派遣村のように限界が来るのは当然で、結局は当事者がやっていくしかない。社会運動の根幹には、人としての尊厳を奪われている現実があり、それを取り戻すには地道な「共同作業」しかない。など、多様な意見交換の場となりました。

また、長年ホームレス支援に関わっている人から、派遣村に来る若者には、1人で働いて、1人で辞めさせられ、1人で路上に出て、1人で派遣村に来る若者が多かったことを聞き、特に最近の傾向として、労働者が孤立させられている現実が見えてきました。「つながらなければ何もできない。人をつなげていくのが、支援団体の役割なのでは」という言葉が印象に残っています。

では、なぜ人はつながろうとしないのか。つながるには、まず今の自分を認める必要があるが、「本当の自分はこんなんじゃない」と、自分の現実を受け入れられないのでは、との見方も出ました。海外の貧困支援の現場に関わっている方からは、『ピア・カウンセリング』を国内の貧困問題の支援活動にも使えないかとの提案もありました。

また、「屋根には人の命を守る側面もあるが、人を孤立させる側面もある」という言葉に驚きました。生活保護を受け始めてアパートに入ることにより、路上生活で作り上げたコミュニティから離れてしまい、孤独になる人が後を立たないとのことで、「”どう路上を脱するか”も大切だが、”どう路上で生き抜いていくか”、”どう人とつながっていくか”という切実な問題も忘れてはいけない」と話していました。

毎月、本当にたくさんのことに気付かされます。現実はいっそう厳しく、自分にできることとして、悩みつつも発信していこうと思います。

つながらなければ何もできない

へだたり / 2009-05-16 (土)

へだたり

1か月ぶりにに参加しました。今日は、予定していたDVDの上映を変更し、参加者がざっくばらんに話す会となりました。

まずは、知らなかったたくさんの事実に驚きました。

ホームレスの人々やネットカフェ難民、DV被害者でシェルター住まいの人など、住民票が無かったり不備があると、定額給付金がもらえないこと。同様に、住民票が無いと、選挙権など多くの(50以上とも言われる)権利が剥奪されること。日産の「ゴーン革命」によるリストラでは、工場などの何万人もの労働者が解雇されたが、そういう負の側面にはほとんど注目されなかったこと。日本の1960~70年代は、ほとんどが「正社員」「総中流」だったという幻想の嘘。

一つ一つの事実には、表も裏もあるのでしょうが、そういったバランス論では、路上生活を望んでいないのに強いられている人が増えている現実を変えられないのではないか、と感じました。税金を上げてでも、社会保障費は増やすべき。ただ、税金を上げても社会保障費が増えるとは限らない…。うーん。

路上で暮らす人や難民申請が通らない外国の人と接していると、「何かしなきゃ」という想いが強くなります。でも、1人の人と向き合うのって、本当に難しい。支援者の人たちには、「まずは仲良くなって、話を聞いてほしい」と言われるけれど、仲良くなってきて、彼らの持つ心の傷を見せてくれるようになると、自分が、彼らの現状(路上で暮らさざるを得なかったり、外交関係で難民申請が通らなかったり)を生み出している側の1人である事実を突きつけられてしまって、結局目をそらしてしまうということを何度も繰り返してきました。

だから、制度と運用が大切。特定の人が、自分の生活を犠牲にするほど頑張って、何とか彼らを支えていくのではなく、みんなが少しずつ負担して、きちんとした制度をつくり、きちんと運用していく。…でもそれって、1人の人と向き合うより難しいのかも?頭でっかちな自分は、またもや思考のループにはまっていくのでした。

へだたり

紡[つむぎ] / 2008-07-26 (土)

紡[つむぎ]

机上で少しホームレスのことを「勉強」しても、目の前の現実のホームレスの人々に近づけるのか、また自分がそれを望んでいるのかも分からず、迷いながら『若者勉強会』に参加していました。会で予定していた3回の公開勉強会を終え、メンバーの多くが卒業などで新たなステージに進み始めると、会の活動は休止状態になり、自分も活動の現場に参加することはほとんどなくなりました。

会の活動は休止していたものの、メンバーの中から問題意識が消えたわけではなく、それぞれの生活や関心に合わせて、個人的に活動を続けていました。自分も、ホームレスを含めた社会の「構造」の問題から関心が無くなった訳ではなく、翌年・翌々年と、『地球市民アカデミア』の講師として湯浅誠さんをお呼びするなど、「知識」としてのホームレス問題には触れ続けてきました。

若者勉強会』の休止から2年半。メンバーの1人が会社を辞め、ホームレス支援団体で働き始めるようになったことをきっかけに、『紡[つむぎ]』という新たな団体を立ち上げ、活動をしていくことになりました。今の主な活動は、月に数回の東京・立川での炊き出しや、月に1回の勉強会です。

自分は相変わらず距離の取り方に迷いながら、不定期で参加しています。ただ、2008年の秋から続く大不況で、正社員・派遣社員・アルバイトなど、働き方を問わず、路上に出てこざるを得ない人が増えてきています。そして自分も、不安定な雇用状態にある1人です。そんな中で、「構造」の問題や、どうしても働き口が見つからないときに頼みの綱となる『生活保護』の申請方法、『ドヤ』や無料健康診断の情報など、「知識」の大切さも実感しています。

そして何より、会のメンバーや支援団体の人たち、ホームレスの人たちとの「つながり」は、自分を守るセーフティーネットでもあると強く感じています。「ホーム」のある今の状態だからこそできること、知っておいたほうが良いことを、少しずつ発信していければと考えています。

紡[つむぎ]

救急搬送 / 2008-07-23 (水)

救急搬送

若者勉強会』に参加してすぐの頃。いつものように会社に出勤していると、路上に、明らかにホームレスと分かる人が倒れ、痙攣(けいれん)のような症状を起こしていました。さすがに通り過ぎることができず(それでも少し躊躇しましたが)、声を掛けてみるものの、ほとんど返事もありません。

持っていたペットボトルの水を分け、隣に座って少し様子を見ましたが、様子に変化が無く、途方にくれて勉強会のメンバーに連絡するもつながらず。少し勇気が要りましたが、救急車を呼ぶことにしました。電話口で、倒れている男性はおそらく路上生活者であるということも伝えました。

待つこと数分。すでに会社には遅刻の連絡を入れ、少し気分も落ち着いてきていましたが、救急車が来てくれた時には、やはりほっとしました。救急隊員の方も慣れているのか、2・3の簡単な質問を受けた後、すぐにおじさんを救急車にかつぎこみました。その時、おじさんの大切な荷物(毛布など)を置いて行かざるを得ないとは分かっていつつも、おじさんはこの後どうなるんだろうと自問自答している内に、救急車のドアは閉まり、救急隊員も車内に戻っていきました。

ただ、『医療相談会』などで、いざ救急搬送しようとしても、野宿者を受け入れてくれる病院がなかなか見つからないということを聞いていたので、その場で様子を見ていると、やはり受け入れ先がなかなか見つからないようで、結局20分ほど経ってから、ようやく救急車は移動していきました。

救急搬送

ホームレスという言葉 / 2008-07-20 (日)

ホームレスという言葉

ホームレス支援団体の活動に初めてボランティア参加したとき、『野宿者』『路上生活者』という言葉を耳にしました。それらは、「住居を持たず、公園や道路などで暮らしている人」のことです。ん、『ホームレス』と違うのかな?なぜわざわざ言い換えているのかと疑問に思い、聞いてみました。

支援団体の方は、日本語の『ホームレス』という言葉の定義に疑問を持っていました。もともと「ホーム(住まい)レス(無い状態)」=「住まいの無い状態」という、単なる状態をさす言葉が、日本では「住居を持たず、公園や道路などで暮らしている人」の意味で使われています。自分もそう思っていました。

そこには2つの問題があるそうです。1つは、『ホームレス』という言葉が差別的に使われていること。あくまで状態を指す言葉で、そこに至った背景にも個人差があり、個人の責任だけではないことも多いのに、『ホームレス』という言葉には、「本人のせいでそうなった、または本人が好きでやっている」という意味も含まれてしまっている、と言います。

もう1つは「ホーム」の定義。「ホーム=住まい」には本来、「自分の”暮らす権利”が保障されている住まい」という意味があり、欧米などの国では、「住み込み仕事」などの(仕事のあるときだけ住める)住まいや宿泊所、最近ではネットカフェで暮らす人なども『ホームレス』と呼ぶそうですが、日本語の『ホームレス』には、これらの人は含まれていません。

そのため、政府の発表する統計などでの『ホームレス』の数は、「住居を持たず、公園や道路などで暮らしている人」を目で確認するだけで報告されており、実際に何らかの支援を受けるべき人の実態よりも少なく、それがそのまま政策に反映されているそうです。

そこで支援団体では、『野宿者』『路上生活者』という言葉を使い、必要に応じて『ホームレス』と使い分けている、とのことでした。『ホームレス』ではなく、あえて『野宿者』『路上生活者』という言葉を使う際には、「住居を持たず、公園や道路などで暮らしている人」がそうならざるを得なかった背景、社会の構造や労働環境の偏りなどに対する一定の認識も含まれているのだろうと感じました。

ホームレスという言葉

若者勉強会 / 2008-07-17 (木)

若者勉強会

隅田川沿いで毎月第3日曜日に、ホームレスの方への医療相談・法律相談・共同炊事などを行う『隅田医療相談会』に集まった学生が中心となり、2005年7月に発足しました。

若者勉強会』には、医学・法律・都市計画・国際協力など様々な分野を学ぶ学生や、会社員・NGO職員などが参加し、国内の貧困である野宿者・ホームレス問題を、自分たちのこととしてとらえ、野宿者を取り巻く問題について学んできました。また、2005年11月から2か月に1度、合計3回の公開勉強会を行いました。

野宿者問題の中でも関心のある分野や勉強会に対する想いは異なりますが、互いの意見や考えを出し合い、議論を通して、野宿者問題に対する理解や考えを深めていく場となりました。

※隅田医療相談会※
隅田川にかかる言問橋たもとにて、2001年より毎月第3日曜日に行われている『医療相談会』です。周辺で野宿する有志、地元のボランティア団体、医師、看護師、獣医師、司法書士などが協力し合って開いている無料の青空診療所・相談所です。共同炊事や法律相談、衣料放出も行われています。

若者勉強会

山谷訪問 / 2008-07-14 (月)

山谷訪問

地球市民アカデミアの講義の前後には、講座のスタッフと一緒に、『山谷(さんや)地区』(東京都荒川区・台東区の一部。現在は住所としては存在しないそうです)訪問の機会がありました。JR常磐線・南千住駅を出発し、貨物列車のターミナルや泪橋(なみだばし)交差点を通りながら、山谷の歴史的な背景について聞きました。

訪れた山谷は、時おりホームレスの人々を見かけたものの、特に人ごみも無く、普通の住宅街という印象でした。『(財)城北労働・福祉センター』『山谷労働者福祉会館』『玉姫公園』など、ホームレスの人々の拠点となる場所を通りながら、それぞれの場所の説明を受けました。

その後、隅田川沿いの公園で行われている『医療相談会』に参加。初めてホームレスの方に話しかけ、調子の悪いところがないかなどを尋ねました。100人ほど居たホームレスの人々の数だけでなく、炊き出しや問診などを手際よくこなす支援ボランティアの数の多さにも驚きました。

支援ボランティアの年齢層は様々でしたが、そこに集まった学生を中心に、「ホームレス/野宿者問題に関する勉強会を開きたい」という声が上がり、自分も参加することにしました。

山谷訪問
[ コメントを書く ]
1: ルイヴィトン財布コピー (14/03/19 02:39) kaegksqnji@gmail.com
のハイヒールを着用して、任意の場所に適している、快適でエレガントです。 GAINを上げ気味でサスティンを稼ぎ、さらにディレイ(250ms~300ms)を使って奥行きのある音色を表現できると思います。
2: 銆?銆戙€愩偄銈︺儓銉儍銉堝晢鍝?!銆?銈儢銈儷銈枫偄/ABU銆€SLC-632A60SALTY STAGE Light Jigging锛堛偨銉儐銈c兗銈广儐銉笺偢銉汇儵銈ゃ儓銈搞偖銉炽偘锛? abu Abu (15/03/05 18:11) fbjxuqinmq@gmail.com
県内6カ所の児童養護施設すべてに、今年も「大間の鮪(まぐろ)漁師」を名乗る人物から、10日までに現金計120万円の寄付があった。施設関係者は「毎年、子どもたちのことを気に掛けてもらい、ありがたい」と匿名の善意に感謝している。(Web東奥)
3: 鈼忋偒銉忋儵銈搞儯銉戙兂銆€KJ銉┿儛銉笺儶銉冦儣銈般儶銉冦儣 (銉栥儵銉冦偗锛忋儜銉笺儣銉? (15/03/07 19:15) pzsqtclm@gmail.com
山形県は新年度、県産米の新品種「山形112号」の実証試験栽培を拡大する。「つや姫」「はえぬき」に続く主力品種として有望で、栽培技術の確立を急ぐ。品種登録も新年度中に出願し、生産調整(減反)が廃止される2018年産の一般作付けに間に合わせる。(河北新報)
4: tiring.wimaxayuda.com (15/03/20 23:58) nmuthpljz@gmail.com
米ラスベガスで9日まで開かれた世界最大の家電見本市「国際家電ショー(CES)」では、ベンチャー企業の存在感が高まった。(読売新聞)
5: 銆愰€佹枡鐒℃枡銆慓M銆€锛堛偞銉笺儷銉囥兂銉熴兗銉筹級銆€銈点兗銉欍儷銉€銉炽偣/KSDC-66UL-2锛堛儵銈ゃ儓銈搞偖銉炽偘銉儍銉夛級 (15/03/24 12:20) wxsbargmwhz@gmail.com
今春闘に向け、経団連が示す経営側の指針の最終案が明らかになった。賃金体系を底上げするベースアップ(ベア)も選択肢に、企業ごとに工夫した賃上げを呼びかける。ベア容認は2年連続。
6: 【楽天市場】ヤマシタ(YAMASHITA)☆エギ王Q LIVE D 3.5号 RROOT[エギング用品]【メール便だと送料90円 8千円以上送料無料(北・沖 除く)】:アオリイカ釣具 あおりねっとSHOP (15/03/26 01:23) taopdnhf@gmail.com
J2岐阜は11日、元日本代表MF三都主アレサンドロ(37)と契約満了に伴い、契約を更新しないと発表した。三都主は13日に母国ブラジルへ帰国する。(スポニチアネックス)
7: 【楽天市場】Abu Garcia(アブガルシア)/ソルティーステージ メバル SMS-862ULT【送料無料】【ロッド】【RCP】【一竿風月】【02P13Dec14】:FishingHouse一竿風月 (15/03/27 17:13) wmecqfrtbf@gmail.com
LINEは1月9日、LINEスタンプにユーザーが一言フレーズを付けて遊べるアプリ「LINEスタンプス」を正式公開した。昨年11月からテスト公開していたiOS版を正式版に切り替え、Android版もリリースした。(ITmedia ニュース)
8: www.flypiper.net (15/04/08 14:10) tpqgxjm@gmail.com
’13年9月、ブエノスアイレスのIOC(国際オリンピック委員会)総会。世界が固唾を呑んで見守るなか、ジャック・ロゲIOC会長が「トーキョー」と東京の勝利を告げたとき、歓喜の輪の中心にいたのは、東京五輪招致委員会“チーム・ニッポン”を率いた猪瀬直樹・東京都知事だった。だが、わずか3か月後、都知事選での5000万円の資金借用問題が火を噴き、猪瀬氏は辞任を余儀なくされた……。 五輪招致レースのさなか、最愛のゆり子夫人を亡くす悲運に見舞われるも、東京への招致に成功。政治家として絶頂に上り詰めながら、一転、奈落の底へ。あれから、早1年。猪瀬氏は今、何を思うのか――。(週刊SPA!)
9: 銉兗銉偣 銉愩儶銉愩偣 姘淬亸銇裤儛銉冦偒銉?VABA-15 (15/04/18 21:53) tpqgxjm@gmail.com
国内航空3位のスカイマークが、同首位のANAホールディングスに出資を要請する検討に入った。欧州航空機大手エアバスとの大型旅客機購入のトラブルをきっかけに経営基盤が揺らぐ中、ANAの支援を受けて窮地を脱する考えだ。ただ、ANAは西久保慎一社長の進退を含め、大幅な経営刷新を検討するとみられ、交渉は難航も予想される。(毎日新聞)

この記事のURL: http://furahi.com/homeless/contents/sanya.html


ホームレス反貧困〕カテゴリー案内

ホームレス反貧困 ◆目次:  コンテンツ [定義、問題]  ブログ 
◆検索ツール: 記事一覧 
◆スポンサードリンク: 


【フラヒ】 全カテゴリー〕  青年海外協力隊 国際交流スタディツアー ホームレス反貧困 日本縦断自転車旅行 フェアトレード社会起業家 東南アジア青年の船 生協コープ共済 ジャンベ(ジェンベ)民族楽器 地域おこし街歩き 国際協力ワークキャンプ パントマイム大道芸 新規就農グリーンツーリズム パワースポット風水 生活保護(公的扶助) 避難所シェルター 開発教育ワークショップ オーガニック有機無農薬栽培 スローフード食育 スローライフ半農半X 地域通貨(地産地消経済) アフィリエイトSOHO ロハス(LOHAS)田舎暮らし 自然農法(食料自給率食糧危機) 非電化(自給自足)生活 日月神示(ひふみ祝詞)  運営者プロフィール〕 参加団体  制作協力協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト フィリピン大学留学日記(ブログ) 第35回東南アジア青年の船 大分県青年海外協力協会 青年海外協力隊東京OB会 ホームレス反貧困【紡-つむぎ-】 地球市民アカデミア 満福(まんぷく)コミュニティ 開発教育・国際交流日記(ブログ) ホームレス反貧困【若者勉強会】 スペイン留学日記(ブログ) Uniquease Restaurant KESTES(ケステス)日本窓口 第35回東南アジア青年の船写真集 青年海外協力隊東京OB会写真集〕  運営サイトフラヒのふろく 三遠南信 遠山郷(東三河・遠州・南信州) 【スローカル】 【NPO・NGO・社会企業DB】 ワールドニュース from 青年海外協力隊 ふろくのふろく 【副業副収入‐週末起業・在宅ワーク・個人事業】 【キャリア教育】〕  全記事一覧 お問合せ

ページトップへ


(c) 【フラヒ】 Design: スローカル furahi