現地の授業で日本語の参考書は必要ですか? / 2005-07-13 (水)

現地の授業で日本語の参考書は必要ですか?

例えば受験の時などに慣れ親しんだものがあれば、持っていくと役に立つと思います。ケニアの場合は、先輩が残して行ってくれた膨大な参考書がドミトリー(隊員宿泊所)にありましたよ。

現地の授業で日本語の参考書は必要ですか?

派遣前にはどんな準備が必要ですか? / 2005-03-20 (日)

派遣前にはどんな準備が必要ですか?

持ち物については、任地の気候によって全然違ってくると思います。可能であれば、インターネットなどで調べてみてください。仕事面では、専門知識や語学力を伸ばしておけばそれだけ活動の幅も広がると思います。また、イラストが書けたり楽器が弾けることで現地の人と仲良くなる隊員も居ました。生活面では、派遣前は日本での生活を楽しんでおいて下さい。任地ではまた全く違った楽しみを見つけられると思いますよ。

派遣前にはどんな準備が必要ですか?

帰国後に保障はありますか? / 2005-02-07 (月)

帰国後に保障はありますか?

帰国後には『国内積立金』が支給されます。これは、帰国後の再就職支援として支払われます。月額約10万円で、派遣期間に応じて、帰国時に一括で支払われるため、活動中に引き出すことはできません。

帰国後に保障はありますか?

参加者の属性は? / 2005-01-30 (日)

参加者の属性は?

自分の同期では、(1)学生が20人(半数)くらい、(2)退職参加や資格勉強中などの人が10人強、(3)会社/団体からの推薦の人が5・6名、(4)休職参加が2・3名、という感じでした。

(3)の推薦ですが、公務員と民間企業/団体の人がほぼ半数ずつでした。毎年のように現職参加を認めている懐の広い企業もあるそうです。(4)の休職参加ですが、ボランティア休暇などの制度があっても、実際はなかなか難しいのが現状のようです。ただ、自分の所属する企業を数年間説得し続けて無事に参加した人も居ました。

参加者の属性は?

第31回東南アジア青年の船報告会 / 2005-01-23 (日)

第31回東南アジア青年の船報告会

東南アジア青年の船の報告会に参加しました。
昨年の9月から10月にかけて参加した、内閣府が主催している国際交流プログラムの報告会です。昨年で31回目を迎え、OB・OGの数も増え続けています。報告会では、船内での生活や寄港地でのイベントの様子をスライド・展示・パネルディスカッション等で発表しました。
予想を大きく上回る160名の方が参加してくれ、大いに盛り上がりました。参加者達とも久しぶりに再会出来、楽しい一日となりました。

第31回東南アジア青年の船報告会

【フラヒ】 全カテゴリー〕  青年海外協力隊 国際交流スタディツアー ホームレス反貧困 日本縦断自転車旅行 フェアトレード社会起業家 東南アジア青年の船 生協コープ共済 ジャンベ(ジェンベ)民族楽器 地域おこし街歩き 国際協力ワークキャンプ パントマイム大道芸 新規就農グリーンツーリズム パワースポット風水 生活保護(公的扶助) 避難所シェルター 開発教育ワークショップ オーガニック有機無農薬栽培 スローフード食育 スローライフ半農半X 地域通貨(地産地消経済) アフィリエイトSOHO ロハス(LOHAS)田舎暮らし 自然農法(食料自給率食糧危機) 非電化(自給自足)生活 日月神示(ひふみ祝詞)  運営者プロフィール〕 参加団体  制作協力協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト フィリピン大学留学日記(ブログ) 第35回東南アジア青年の船 大分県青年海外協力協会 青年海外協力隊東京OB会 ホームレス反貧困【紡-つむぎ-】 地球市民アカデミア 満福(まんぷく)コミュニティ 開発教育・国際交流日記(ブログ) ホームレス反貧困【若者勉強会】 スペイン留学日記(ブログ) Uniquease Restaurant KESTES(ケステス)日本窓口 第35回東南アジア青年の船写真集 青年海外協力隊東京OB会写真集〕  運営サイトフラヒのふろく 三遠南信 遠山郷(東三河・遠州・南信州) 【スローカル】 【NPO・NGO・社会企業DB】 ワールドニュース from 青年海外協力隊 ふろくのふろく 【副業副収入‐週末起業・在宅ワーク・個人事業】 【キャリア教育】〕  全記事一覧 お問合せ

ページトップへ


(c) 【フラヒ】 Design: スローカル furahi